ほん怖2019秋「赤い執着」ネタバレと感想!中条あやみを覗き込む顔

中条あやみ 心霊

2019年10月12日(フジテレビ)に放送された

「本当にあった怖い話20周年SP」

秋の放送となった今回は5話の怖い話でしたがその中の

「赤い執着」

中条あやみを覗き込む赤い女のあの霊はいったい?

のネタバレ感想を紹介!



ほん怖2019秋「赤い執着」ネタバレ

中条あやみ

出典:https://www.fujitv.co.jp/honkowa/

宮岡真衣(中条あやみ)は、半年前に事故で両親を亡くしてしまい、幼い妹の宮岡彩花(粟野咲莉)と姉妹二人で生活していた。真衣は生計を立てるため、大学も辞め、休みなく働く。

ある日、仕事からの帰路に自分の住む団地のエレベーターから出ると、何かただならぬ気配を感じたのだ。

団地の下を見ると、全身真っ赤な女がこちらを見上げている。

最初は、同じ団地の住人だろうと思った真衣は、バイト先の常連客・吉岡(昴生)にも笑い話のように話し、普通に生活をしていた。

だが徐々に違和感を覚え、吉岡の職場の後輩・大谷(泉澤祐希)から突然「最近、何かおかしなこと、なかったですか?」と聞かれる。

そして、この赤い女によって、身の毛もよだつ恐怖が真衣に襲いかかる…!

ほん怖2019秋「赤い執着」感想

ツイッターでもほん怖「赤い執着」が話題になってました。

その一部を紹介!





Twitterの反応でも怖いと評判だった「赤い執着」

ほん怖好きとしても、過去の話と比べても中々怖かった話でした。

このほん怖の怖いところはこれがほんとうにあった話として 投稿されたのが実写化されているということではないでしょうか?

「赤い執着」の怖いところは、霊が見える?アルバイト先のお客さんに

「絶対に目を合わせちゃいけない」

と言われた後に中条あやみ演じる主人公がだんだんと近づいてくる赤い女についには腕を捕まれ顔を覗き込まれるシーンではないかなと。

お守りの中が真っ赤になっていたところも気持ち悪かったですね。

ほん怖2019秋「赤い執着」まとめ

ほん怖の中では「顔の道」が怖いと思っていましたが、今回放送された「赤い執着」もそれに近い怖さがありました。

それにしても中条あやみさんが可愛すぎで見とれてしまいますね。

久々に見れたほん怖クラブも怖い話の後にほっこりでき怖さが中和されていいですね。

ほん怖五字切り!

コメント

タイトルとURLをコピーしました